クリエーター14人による「ヱヴァ」グッズ-阪急メンズ館で販売開始

阪急百貨店メンズ館5階で開催中の「ヱヴァンゲリヲン『プレミアム14』」

阪急百貨店メンズ館5階で開催中の「ヱヴァンゲリヲン『プレミアム14』」

  •  
  •  

 阪急百貨店メンズ館(大阪市北区角田町、TEL 06-6361-1381)5階イベントスペースで8月18日、クリエーター14人がヱヴァンゲリヲンを題材に制作したアート作品やグッズを展示販売する「ヱヴァンゲリヲン『プレミアム14』」が始まった。

クリエーターの作品を商品化したTシャツ

 同企画では、「ヱヴァンゲリヲンをファッションで堪能しよう」という試みに賛同したさまざまなジャンルのクリエーターがイラスト、写真、切り絵などのアート作品を制作。そのデザインを基にTシャツ(5,040円)とiPhone用ギズモビーズ(4,200円)に商品化した。会場には、その原画や作品も展示する。「グラフィックより手仕事系の人を中心に参加いただいています」と同店バイヤーの佐藤亘さん。

[広告]

 クリエーターのほかにも格闘家・桜庭和志さんが昨年かぶって出場したヱヴァ仕様のリングマスクや、ミュージシャン・MEGさんが自身のCDジャケットと同じ構図でアスカを登場させたグラフィックアートなども展示。綾波レイの等身大フィギュアも展示する。

 会場では、クリエーター作品以外の関連グッズも販売。日本発のバッグメーカー「マスターピース」のヱヴァンゲリヲン仕様バッグは、初号機のカラーリングを反映したバッグ(3万9,900円)や、2号機カラーのバッグ(2万5,200円)を販売する。佐藤さんは「ヱヴァをテーマに、アニメグッズではなくファッションとして完成度の高い商品をそろえた。人気ブランドとのコラボで新しいヱヴァの魅力を楽しんでもらえたら」と話す。

 商品購入客先着500人には、新劇場版に登場する「第3新東京市」のモデルとなった箱根町とタイアップした「ヱヴァンゲリヲン箱根補完マップ」を進呈する。期間中、地下1階の入口付近には、高さ2.5メートルの初号機ヒューマンスケールレプリカも展示。

 営業時間は、日曜~火曜=10時~20時、水曜~土曜=10時~21時。今月31日まで。

  • はてなブックマークに追加

ピックアップ

ピックアップ