NTTドコモ関西、梅田・イーマに「Xperia」専用ショールーム

ドコモのスマートフォン「Xperia」のショールームは関西エリアに向けての情報発信拠点

ドコモのスマートフォン「Xperia」のショールームは関西エリアに向けての情報発信拠点

  •  

 エヌ・ティ・ティ・ドコモ関西支社(大阪市北区梅田)は4月1日、商業施設「イーマ」(梅田1)1階に、同日発売されたスマートフォン「Xperia(エクスペリア)」(SO-01Bソニーエリクソン製)が体験できるショールーム「infinity gate(インフィニティゲート)」を開設した。同端末を単独で扱うショールームは全国唯一。

実際に使った感想をブログで発信する「Xperiaホルダー」

 「エンターテインメントとコミュニケーションが無限に広がる世界への入り口」をコンセプトにした136平方メートルのショールームには実機端末を展示し、「Mediascape」「Timescape」などの新機能や、さまざまなアプリケーションが体験できる。壁面に設置した120インチのプロジェクターでは「Xperia」の魅力や機能を紹介。

[広告]

 開設に合わせ、3月31日から特設サイトを公開。イベント情報や来場者の声などを掲載するほか、生活の中で実際に同機を使用した感想を発信する「Xperiaホルダー」のメッセージも掲載する。「Xperia」ホルダーは「関西の各分野で魅力あるコンテンツを世に送り出している人」として選ばれた、FM802DJの久保田コージさん、雑誌「ミーツリージョナル」元編集長の江弘毅さん、KITANO CLUB SORAウエディングプランナーの丸山由里さんらが務める。

 オープン前日の内覧会で西邑省三支社長は「戦略的に重要な端末。1999年のiモードサービス開始時に次ぐ第2の大きな節目」と位置付け、「関西のお客さまは新しいものや楽しいものに敏感。先進的Xperiaを少しでも早く体験してもらいたい」と期待を寄せる。

 営業時間は11時~21時。6月30日まで。休業はイーマ休館日に準じる。