CGムービーを使った新観光クルーズ「ナカノシマ錦絵クルーズ」発表

船内には4台のモニターを設置し、船の進行に合わせてキャラクターがガイドするムービーを上映する

船内には4台のモニターを設置し、船の進行に合わせてキャラクターがガイドするムービーを上映する

  • 0

  •  

 一本松海運(大阪市北区中之島)は、観光マルチメディアコンテンツをプロデュースするTQ(梅田2)とのコラボレーションによる新観光クルーズ商品「水都の空想博物館-ナカノシマ錦絵クルーズ-」を、「水都大阪2009」の開始日にあたる8月22日から就航すると発表した。

錦絵を用いキャラクターガイドが解説

 「昨年からこの船を生かして水都大阪の時期に中之島をアピールするプログラムを作りたいと思っていた」(一本松海運の森本啓さん)という同クルーズは、中之島の北を流れる堂島川と南を流れる土佐堀川を周回する。船内にモニターを設置し、幕末から明治初期に中之島周辺を描いた錦絵の世界や古地図とCGを使った現在の大阪の街や建築物を対比させ、大阪の歴史を紹介するムービーを上映。ムービーは船の進行に合わせて西行き7本、東行き6本を上映する。

[広告]

 コンテンツを制作したTQの江藤誠晃さんは「タイトルに空想博物館とあるように、大阪の街をミュージアムとして見せること」を企画の前提に、「ミナミは従来のコテコテな大阪のイメージがあるので、中之島はスタイリッシュな世界を作りたいと思った」といい、「錦絵をカジュアルに演出した」。

 ムービーでは現在の中之島の街や建物を3D化し、現在の風景を見ながらキャラクターがガイド。「過去、未来の大阪や、窓から見た景色の奥に見えるものや空から見た景色など見えないものを見せる」(江藤さん)といい、日本銀行大阪支店や大阪市役所、大阪府立中之島図書館、大阪市中央公会堂などの近代建築や中之島西部地区の近代的なビルなどの外観や上空からの風景をCGで見せるなど、船が進行する実際の風景とCGによるバーチャルの世界を同時に楽しむことができる。また進行に合わせて錦絵と現在の街並みを対比し、あまり知られていない大阪の歴史も紹介する。

 使用船舶は「なにわ探検クルーズ」にも使用する「ほたる号」で、40席の各座席はテーブル付き。天井は自動開閉型で「窓を開けるなど五感で感じる空間を演出したい」(同)とも。運航は1日7便を予定。乗船料は、大人=1,500円、子ども=500円。「八軒家浜船着場」と「ほたるまち港」の2港で乗下船が可能。副音声用(英語)に動画再生可能な「iPod touch」も準備する。

  • はてなブックマークに追加