梅田にクラシックカー70台が集結-「ラ フェスタ プリマヴェラ」初開催で

スタート地点の新梅田シティ・ワンダースクエアに70台の参加車両が集合した

スタート地点の新梅田シティ・ワンダースクエアに70台の参加車両が集合した

  •  
  •  

 近畿2府3県、850キロにわたりクラシックカーやスポーツカーが公道を走行するレース「La Festa Primavera 2009(ラ フェスタ プリマヴェラ 2009)」が4月19日に始まり、70台の参加者がスタート地点の梅田スカイビル ワンダースクエア(大阪市北区大淀中1)に集合した。

スタート直前の堺正章さん、田中生徳さんチーム

 同イベントは、1997年から毎年秋に関東、東北地方を舞台に開催する「La Festa Mille Miglia(ミッレミリア)」の姉妹イベントとして今年から開催。「La Festa Mille Miglia」に関西方面から多数の参加者がいることや、日本を代表する歴史的建造物が存在すること、大阪を舞台にしたクラシックスポーツカー大会が過去に存在しなかったことなどから企画された。平均年齢50歳を超える参加者が挑戦する。

[広告]

 初日は朝7時に現地集合し車検や参加者同士の交流などが行われ、11時45分からスタートゲートへ誘導、平松邦夫大阪市長がスターターを務め、12時に1番目の車両がスタートした。その後、御堂筋を通過し、信楽、甲賀を経て合歓の郷(志摩市)で1日目が終了。翌20日は三重県と奈良県を走行し鈴鹿サーキットへ、21日は三重県、滋賀県、京都府、奈良県を経て大阪城にゴールする。

 今回の参加車両で最も古いのは、1923製造の「BUGATTI BRESCIA T22」。タレントの堺正章さんは1957製造の「MASERATI 200SI」、雅楽奏者の東儀秀樹さん、桐島ローランドさんチームは1956年製造の「MG A」で参加する。

 同イベントは、「来年以降も春ごろの開催を予定する」(同イベント運営事務局)という。

  • はてなブックマークに追加