京阪中之島線沿線に約640台分の駐輪場-不法駐輪減少目指す

中之島駅前、リーガロイヤルホテルとNTTコミュニケーションズ中之島ビル間にオープンした「京阪中之島駐輪場」

中之島駅前、リーガロイヤルホテルとNTTコミュニケーションズ中之島ビル間にオープンした「京阪中之島駐輪場」

  •  
  •  

 京阪電気鉄道(大阪市中央区)と中之島高速鉄道(同)は2月24日、昨年10月に開業した京阪電車中之島線沿線に約640台分の駐輪場を整備すると発表した。

 内閣府の2007年度調査では、駅周辺の放置自転車数は大阪市が50,371台で、2位の横浜市(24,707台)の2倍以上でワースト1。昨年10月、平松邦夫市長が放置自転車を一掃するため、キタとミナミの放置禁止区域拡大と撤去回数を増やすと発表したが、その時点で市が整備した駐輪場はわずか950台分。12月には千日前通りに有料駐輪場674台分を増設したが、まだまだ不足している状況にある。

[広告]

 今月2日には、京阪電気鉄道が中之島駅前に「京阪中之島駐輪場」をオープン。収容台数は、自転車=195台、原付=72台、自動2輪=32台の計299台。7月1日には、中之島高速鉄道が「京阪なにわ橋駐輪場(仮称)」をなにわ橋駅前にオープンする予定。収容台数は、自転車=173台、原付=131台、自動2輪=39台の計343台。いずれも屋外駐輪場で屋根はない。

 利用料金は自転車=200円、原付=300円、自動2輪=400円。一時利用のみで、深夜0時に追加分の料金が課金される。24時間出し入れ可能。

 京阪電気鉄道は「不法駐輪対策と環境美化を目指し整備をしてきた」といい、駅へのアクセス利便性を向上させることで、中之島線の利用促進も図る。

  • はてなブックマークに追加