梅田エリアに特化した情報サイト「うめだポータル」-10月1日開設

梅田の街を3Dマップで再現した「うめだポータル」トップページ

梅田の街を3Dマップで再現した「うめだポータル」トップページ

  • 0

  •  

 阪急阪神東宝グループは10月1日、梅田エリアに特化した情報サイト「うめだポータル」を新規開設した。昨年10月の阪急ホールディングスと阪神電気鉄道の経営統合に加え、阪急百貨店と阪神百貨店が経営統合し、持ち株会社「エイチ・ツー・オー リテイリング」が同日発足したのを契機にしたもの。

 同サイトは、「あした『うめだ』でなにしよう?」をキーワードに、阪急阪神東宝グループが梅田で展開する百貨店や商業施設、ライブハウス、映画館など32施設の情報を「映画・エンタメ」「ショッピング・グルメ」「食事・カフェ・ドリンク」「トラベル・ホテル」「サービス・コンビニ」「イベント・催し」のカテゴリ別に提供する。梅田の街を3Dマップで再現し、情報該当施設には旗が表示される。詳細情報からは「おでかけマップ」に登録でき、登録した情報は「おでかけマップ携帯配信機能」で、イベント情報と地図を友だちの携帯に配信することができる。

[広告]

 運営は、阪急阪神ホールディングス(大阪市北区芝田1)、エイチ・ツー・オー リテイリング(角田町)、東宝(東京都千代田区)の3社が共同で行う。掲載情報は各参加施設が更新し、タイムリーに情報を配信する(同社)という。

また、同日から阪急阪神グループの商業・サービス施設で利用金額に応じたポイントが付与される「STACIAカード」が阪急阪神ホールディングスから発行される。

うめだポータル関連記事(STACIAカード)

  • はてなブックマークに追加