見る・遊ぶ

大丸梅田店で尾崎豊さん没後30年企画展 愛用品や写真を展示

尾崎豊展メインビジュアル © Teruhisa Tajima,Isotope

尾崎豊展メインビジュアル © Teruhisa Tajima,Isotope

  • 5

  •  

 「OZAKI30 LAST STAGE 尾崎豊展」が9月7日から、大丸梅田店(大阪市北区梅田3)15階「大丸ミュージアム」で開催される。

初期作品の数々を書き上げた学習机

[広告]

 「15の夜」「I LOVE YOU」「卒業」「シェリー」など71曲を発表し、1992(平成4)年4月に26歳で亡くなったシンガー・ソングライター、尾崎豊さんの没後30年を機に企画された同展。「尾崎の歩いた道、尾崎と歩いた道、これから尾崎と歩く道を見つめ直し、語り合う」ために、朝日新聞社などが企画した。

 会場では、尾崎さんが生前に愛用したギターやピアノ、楽曲の創作ノート、初期作品を書き上げた学習机、財布、手帳、プライベート写真、レコーディング用楽譜、ステージで使用したセットリストなどを展示する。コンサートツアーの写真も100点以上展示する。

 開催時間は10時~20時(最終日は18時まで)。入場料は、一般=1,500円、中高生=1,000円、小学生=500円、アクリルスタンドが付いたグッズ付き入場券=2,700円。9月26日まで。

エリア一覧
北海道・東北
関東
東京23区
東京・多摩
中部
近畿
中国・四国
九州
海外
セレクト
動画ニュース