買う 暮らす・働く

梅田エリアの多くの商業施設が休業 緊急事態宣言で

阪神梅田本店(資料写真)

阪神梅田本店(資料写真)

  • 20

  •  

 新型コロナウイルス感染拡大防止のための特別措置法に基づく緊急事態宣言が4月25日から大阪府でも発令されたことを受け、梅田周辺の商業施設は一部店舗を除き休業する。

 4月25日~5月11日の17日間、1000平方メートル以上の商業施設(生活必需関係、学び関係などを除く)には休業を、催事・イベントは原則無観客での開催を要請する。酒類またはカラオケ設備を提供する飲食店などには休業を、その他の飲食店には20時までの時短営業を要請する。梅田周辺の商業施設の5月11日までの営業予定は以下の通り。

[広告]

 「阪急うめだ本店」「阪神梅田本店」=平日は食品売り場のみ11時~19時の時短営業、土曜・日曜・祝日は全店休業。「大丸梅田店」=食品売り場、1階東婦人洋品売り場、2階化粧品売り場のみ11時~19時の時短営業、その他の店舗は休業。

 「グランフロント大阪」=病院やオフィスなどを除く、物販・サービス・飲食店など全店休業。「ルクア大阪」=飲食店・生活必需関係の店舗は11時~20時の時短営業(一部営業時間の異なる店舗あり)、その他の物販などは休業。「大阪ステーションシティシネマ」=休館。

 「ハービスPLAZA」「ハービスPLAZA ENT」「ディアモール大阪」「阪急三番街」=コンビニ、薬局、病院など一部店舗を除き休業。「HEP FIVE」「阪急メンズ大阪」「NU茶屋町」「ホワイティうめだ」=全店休業。

 「ヨドバシカメラ マルチメディア梅田」は通常通り営業。「リンクス梅田」は営業するが店舗により時短営業または休業する。

エリア一覧
北海道・東北
関東
東京23区
東京・多摩
中部
近畿
中国・四国
九州
海外
セレクト
動画ニュース