食べる

北新地に雑炊・茶わん蒸し専門店「太らん」 食生活改善促す「茶碗蒸し定期券」も

好みのトッピングをのせた茶碗蒸し

好みのトッピングをのせた茶碗蒸し

  • 20

  •  

 雑炊と茶わん蒸しの専門店「ぞうすいと茶碗蒸し 太らん」(大阪市曽根崎新地1、TEL 06-6344-7555)が10月15日、大阪・北新地にオープンする。

しゃけバターのぞうすい

 だしや野菜を使った「ヘルシーな健康食」をコンセプトに、雑炊と茶わん蒸しの専門店としてオープンする同店。店主の加藤高茂さんが、医師に糖尿病予備軍と指摘され、食生活を見直し、毎日の食事の大切さを痛感したことがオープンのきっかけという。店舗面積は約8.5坪。席数は、カウンター=6席、テーブル=4席。

[広告]

 茶わん蒸しは、「香りがよく出る」という厳選した昆布とかつお節、さば節でだしを取り、18種類(396円~)のメニューを用意する。雑炊は、だしにいりこも加えて「旨みを増し」、23種類(880円~)のメニューを用意。さらに、納豆、ウニなど、26種類の食材(88円~880円、茶碗蒸しは半額)を追加トッピング可能で、自分好みの組み合わせを楽しめる。

 そのほか、野菜を使った日替わりの「おばんざい」を約10種類(330円~)や、いりこと天かすをのせた「ねぎ焼き」(990円)やゴマと大葉を入れた「大根もち」(770円)なども。野菜料理を中心に、継続して食生活を改善してほしいと、購入日から1カ月間、来店の度に茶わん蒸しを2個ずつ食べられるサブスクリプションサービス「茶碗蒸し定期券」(2,200円)も期間限定で発売する。

 加藤さんは「店がある北新地という土地柄、お酒を飲んだ後の、締めのラーメンではなく、締めの雑炊や茶わん蒸しが定番化し、野菜中心のヘルシーな食事を取ることで、食生活を改善するきっかけになれば」と話す。

 営業時間は19時~翌3時。日曜・祝日定休。「茶碗蒸し定期券」の発売は、11月14日まで。

  • はてなブックマークに追加