3密を避けて新しい生活様式へ!

食べる

梅田・空中庭園展望台のカフェで世界のビール80種 飲んで海外旅行気分味わう

36カ国80種のビールを集めた「妄想世界旅行~世界のビール飲みくらべ~」

36カ国80種のビールを集めた「妄想世界旅行~世界のビール飲みくらべ~」

  • 53

  •  

 梅田スカイビル(大阪市北区大淀中1)40階の空中庭園展望台内にあるカフェ「cafe SKY 40」で、世界のビールを味わえる「妄想世界旅行~世界のビール飲みくらべ~」を開催している。運営は積水ハウス梅田オペレーション(同)。

ゾウ、ライオン、エベレストなどが描かれた瓶ビール

 「新型コロナの影響で自由に海外旅行ができない中、世界のビールを飲んで海外旅行した気分を味わってほしい」と企画。2018(平成30)年に行った展望台のリニューアル時より、同カフェではベルギーやドイツを中心に約50種類の瓶ビールをそろえていたが、イベントのため、ケニア、ネパール、フィジーなど世界36カ国、約80銘柄に増やした。

[広告]

 大阪を見渡せる40階フロアには、テーブル=100席、カウンター席=40席を設ける。「旅行とお酒が好き」という、広報を担当する中野亜希子さんが作成した、提供するビール全種類の醸造所や味の特徴、ラベルにまつわる裏話などを紹介するフリーペーパーも用意する。

 カフェの利用には、展望台の入場料(大人=1,500円)が必要で、ビールは一律600円で販売する。公式ホームページでは、展望台の入場券付きで、瓶ビールの本数に応じた割引チケット(1本=1,900円、2本=2,200円、3本=2,400円)も用意。9月30日まで、何度も展望台に入場可能な「夏季限定フリーパス」(2,800円)も販売する。初回は、ワンドリンク券と梅田スカイビルのフィギュアが付き、期間中はビールを400円で購入できる特典も。

 昨年度の来館者109万人のうち、インバウンド客は約7割を占めていたという同館。新型コロナ感染拡大の影響で休館したが、5月26日より営業を再開。現在の来館者は、昨年の約1割にとどまるという。中野さんは「海外の観光客で混んでいるイメージがあり、展望台を訪れたことが無い地元の方も多いのではないか」と話し、「高い場所から景色を楽しみながら、世界のビールを飲み、少しでも気分転換をしてもらえれば」と呼び掛ける。

 営業時間は、cafe SKY 40=10時~22時、空中庭園展望台=9時30分~22時30分。9月30日まで。

  • はてなブックマークに追加
Stay at Home