3密を避けて新しい生活様式へ!

買う

グランフロントにスーツ型作業着専門店が関西初出店 新型コロナで需要急増

オアシスライフスタイルグループ関谷有三社長

オアシスライフスタイルグループ関谷有三社長

  • 602

  •  

 スーツ型作業着専門店「ワークウェアスーツ グランフロント大阪店」が6月16日、グランフロント大阪(大阪市北区大深町)南館5階「OSANPO SPOT(オサンポスポット)」に期間限定でオープンした。関西初出店となる。

生地のストレッチ性をアピールするスタッフ

 企画販売するオアシススタイルウェア(東京都港区)は「ワークウェアスーツ」を、2018(平成30)年3月に発売。グループ会社の水道工事会社で培った施行現場でのノウハウを生かし、ストレッチ性や、防水・速乾・撥水(はっすい)、多収納、形態安定など機能に加え、スーツのフォーマルな要素を取り入れ、スーツ型作業着を開発。メンズに加えレディース向け商品も展開する。

[広告]

 同製品が洗濯機で洗えることから、新型コロナウイルスの感染対策や、着心地の良さからテレワークでの着用として注目され、自社ECサイトの5月の売り上げは前年対比1187%で急増した。オアシスライフスタイルグループ(同)の関谷有三社長は「昨年の売上は3億円だったが、今年は10億円を目指す」と意気込む。

 約15坪の店内には、スタンダードなデザインの「ワークウェアスーツ」のほか、裏生地にカモフラージュ柄やパイピングにアクセントカラーを用いたデザイン性のある「YZO by WWS(ワイゾーバイワークウェアスーツ)」、男女の垣根なくジェンダーレスなデザインを展開する「MNT(エム・エヌ・ティ)」の3ブランド、計29型を用意する。

 1番人気は、メンズ・レディースともに「テーラードライトジャケット」(1万7,600円)。約350グラムの軽量で、カラーはブラック、ネイビーなど4色を用意。メンズは7サイズ(S~5L)、レディースは5サイズ(S~3L)と豊富に展開する。

 関谷社長は「(同ブランドのスーツを)365日着る」と言い、「仕事やプライベートを問わず使えるので、毎日服装を考えるのが面倒くさいと思う、ものぐさな方にお薦めしたい」と呼び掛ける。

 営業時間は11時~20時。7月26日まで。

ピックアップ

Stay at Home