3密を避けて新しい生活様式へ!

食べる

ホテルグランヴィア大阪で初のデザートコース イチゴ中心にマカロンやフィナンシェ

全15種のスイーツを1口サイズに盛った「生いちごといちごスイーツのファンタジーナイト」

全15種のスイーツを1口サイズに盛った「生いちごといちごスイーツのファンタジーナイト」

  • 29

  •  

 ホテルグランヴィア大阪(大阪市北区梅田3)19階ラウンジ「リバーヘッド」で4月3日、「デザートコース~いちごも踊る晩餐会~」が始まる。

イチゴは食べ放題

 新型コロナウイルス感染拡大防止のため、同ホテルは当初3月まで行う予定だった「ストロベリー&スイーツ ナイトブッフェ」を急きょ2月に休止。同コースは「断念したビュッフェの代わりに」と企画した。広報の高田佳江さんは「シェフや広報など、部門を超えたスタッフが結集して約2週間で企画した初のデザートコース。ビュッフェで人気だったメニューも取り入れ、お客さまに喜んでもらいたい一心で作り上げた」と話す。

[広告]

 メニューは全8品。全15種のスイーツを1口サイズに盛った「生いちごといちごスイーツのファンタジーナイト」は、イチゴを中心にマカロンやゼリーなどのスイーツを添えている。イチゴは食べ放題で、「紅ほっぺ」「さぬき姫」などを日替わりで楽しめる。フィナンシェは、焼きたてで提供。スイーツのあとは、19階スカイダイニング「アブ」の人気メニュー「自家製ハンバーグのフォアグラ添え トリュフソース」を提供する。

 締めにはチーフパティシエの市原健太郎さんが「第13回 グラス(氷果)を使ったアシエットデセール・コンテスト」で、優勝した作品をアレンジしたデザートを2種類提供。光と香りや、目の前で仕上げる演出で客を楽しませる。ドリンクは、「ストロベリーティー」や、「タピオカ苺オ・レ」など、イチゴにちなんだドリンクを含む15種類が飲み放題。アルコールドリンクもオプションで注文可能。

 開催時間は、金曜=18時30分~、土曜・日曜=18時~。料金は1人=4,900円。要予約。1日30人限定。5月31日まで。

Stay at Home