買う

阪急うめだ5階~7階を改装へ 富裕層への対応強化

「HANKYU BEAUTY MAISON」(イメージ)

「HANKYU BEAUTY MAISON」(イメージ)

  •  
  •  

 エイチ・ツー・オー リテイリング(大阪市北区)は、約25億円を投じて阪急うめだ本店(大阪市北区角田町)の5階~7階を改装し、今月から段階的にリニューアルオープンする。富裕層をターゲットにした取り組みを強化するという。

6階「コンテンポラリーワールド」(イメージ)

 6階高級スキンケア化粧品売り場を7階に移設し、1月21日に「HANKYU BEAUTY MAISON」としてオープンする。売り場面積は現在の4倍となる737平方メートル。「イトリン」「ヴァルモン」「クレ・ド・ポー ボーテ」「サンタ・マリア・ノヴェッラ」「シャネル」など約30ブランドをそろえる。医師・薬剤師などの有資格者による専門カウンセリングや、AIを活用したデジタルカウンセリングも提供予定。

[広告]

 3月には、6階にある「プレミアムファッション」の婦人服売り場をリニューアルする。売り場面積は現在とほぼ同じ2165平方メートル。「審美眼を持つ大人の女性のファッションワールド」に再編するほか、「オーセンティック」部門のリニューアル、「コンテンポラリー」部門の拡大を予定している。

 4月には、富裕層の需要が高い5階宝飾品部門を1.5倍の1455平方メートルに拡張したうえで、1,000万円以上の高価格帯商品を充実させる。希少品、限定品を増やして品ぞろえを強化し、広域からの集客を図る。5階の「カルティエ」は6階に増床し2フロアにする。主なブランドは、「ヴァン クリーフ&アーペル」「カルティエ」「グラフ」「ダミアーニ」「ティファニー」「ハリー・ウィンストン」など。

 7階の時計部門は今春にも6階に移設し、売り場面積を2.5倍の700平方メートルに拡大する。300万円以上の高級時計を拡充するほか、女性向け時計の品ぞろえを3倍に増やす。複雑機械式時計の品ぞろえは西日本最大規模になるという。主なブランドは、「IWC」「ヴァシュロン・コンスタンタン」「オメガ」「ジャガールクルト」「タグホイヤー」「パネライ」など。