食べる

梅田・神山町にカフェ「神山ロビー」 産直の卵・鶏肉・バナナに自信

一番人気メニューという「ヲムライス」

一番人気メニューという「ヲムライス」

  •  
  •  

 カフェレストラン「神山ロビー」(大阪市北区神山町)が11月2日、梅田・神山町交差点近くにオープンした。運営は「カフェ」(西区)。

店舗内観

 店名は「ホテルのロビーのように人々が集い、街を代表するような店」を目指すコンセプトから名付けた。産地から直送した卵・鶏肉・バナナの3食材にこだわる。兵庫県加古川市から取り寄せた「日本一こだわり卵」や、同店と地名が同じ徳島県神山町で平飼いした「神山鶏」、鹿児島県で無農薬栽培する「神バナナ」を使った料理約40種、デザート6種、ドリンク2種を用意する。席数は46席。

[広告]

 一番人気メニューという「ヲムライス」(1,100円)は、初めに卵とピラフを混ぜ合わせてから焼く。東京・銀座「煉瓦亭」が明治時代から受け継ぐ調理法で、外見はオムライスと似ているが、真ん中の卵が半熟の状態で提供する。神山鶏を使った唐揚げは、ムネやモモ・手羽先など肉の部位別に5種類を用意(500円~)。約40種の全ての料理には「日本一こだわり卵」か神山鶏を使う。

 デザートは、バニラビーンズを利かせた「こどもぷりん」(500円)、「神バナナフレンチトースト」(1,500円)など。ドリンクは、「神山ミルクセーキ」(1,300円)や京都・小川珈琲の豆を使用したオリジナルブレンドのコーヒー(600円)、自家製レモンリキュールのレモンサワー(550円)など約60種類を用意する。

 同社ゼネラルマネジャーの木山光崇さんは「素材本来のおいしさを生かすため、塩などの調味料は極力控えた。食材を丁寧に育てる生産者の思いも伝えたい」と話す。

 営業時間は10時~22時。水曜定休。

  • はてなブックマークに追加