食べる

梅田駅改札内に魚料理とワインの店 電車を眺めながら舌鼓

「Osaka na kitchen」外観

「Osaka na kitchen」外観

  •  
  •  

 魚料理とワインを提供する「Osaka na kitchen」(TEL 06-6359-2567)が7月31日、梅田駅(大阪市北区芝田1)改札内にオープンした。運営はスイミージャパン(東京都江東区)。

赤身からトロまで一度に味わえる「マグロの断面刺身」

 場所は阪急梅田駅3階の改札内、神戸線側。窓際でコーヒーを飲みながら電車を眺められる「トレインビュー喫茶店」として、多くの駅利用者に親しまれていた「カフェ プレンティ」の跡にオープンした。席数は35席。「九吾郎ワインテーブル」(東京都江東区)や、世界初の空港内に醸造所を併設した「大阪エアポートワイナリー」(大阪府豊中市)など5店舗を展開する同社の6店舗目となる。

[広告]

 フードは赤身からトロまで一度に味わえる「マグロの断面刺身」(2,138円)、桜チップを使って薫製した「本日のスモーク盛り合わせ」(1,490円)など約20種類。酒は「大阪エアポートワイナリー」製のワインのほか、大阪・羽曳野市で造られた河内ワイン(以上700円)などを提供する。ソムリエが常駐し、料理に合うワインを薦める。

 気仙沼や南三陸で水揚げされた規格外の魚を仕入れる。中本徹社長は「漁師さんが一生懸命とってきた魚だから一匹も無駄にしたくない」と話す。メニュー表には「すぐできます」「少しお時間いただきます」などの目安を表示し、駅を利用する人に配慮している。

 営業時間は11時~23時(日曜は21時まで)。

  • はてなブックマークに追加