見る・遊ぶ 学ぶ・知る

梅田ロフトで「キモい」生き物集めた企画展 触れ合いや昆虫試食も

約3000匹の「ツヤケシオオゴミムシダマシ」を敷き詰めた「キモいテーブル」

約3000匹の「ツヤケシオオゴミムシダマシ」を敷き詰めた「キモいテーブル」

  •  
  •  

 世界中の「気持ち悪い生き物」を五感で体験できる「キモい展2」が7月20日、梅田ロフト(大阪市北区茶屋町)4階イベントスペースで始まった。

衝撃のビジュアル

 見た目の悪さから敬遠されがちな生き物に着目した同展。2016(平成28)年に名古屋で初開催し、神奈川、東京、大阪などを巡回した前回は延べ30万人を動員した。予想以上の反響があったことから、第2弾の開催が決まった。

[広告]

 会場には、陸や水、「蟲(むし)」などのコーナーに分けて約30種の生き物を展示。透明のテーブルに約3000匹の「ツヤケシオオゴミムシダマシ」を敷き詰めた「キモいテーブル」、「トルキスタンゴキブリ」がひしめく「ゴキブリタワー」など、趣向を凝らした展示を展開する。

 視覚や聴覚など五感を刺激するイベントも用意し、今回新たに設置する、嗅覚に焦点を当てた「キモ臭」コーナーでは、人工的に「臭い」を再現。あまりの悪臭に悲鳴を上げる客もいるという。

 このほか、バッタ、コオロギ、オケラなどの昆虫を試食できるイベント(火曜・木曜15時~16時)や、「見るだけでは物足りない」客向けに、実際に触れ合うことができるイベント(月曜・金曜15時~15時30分)のほか、VR(仮装現実)技術で、さまざまな角度から生き物を観察できるイベント(水曜15時~16時)を実施する。同展限定のグッズを販売するコーナーも。

 同展チーフディレクターの加藤雅史さんは「気持ち悪いと感じる姿形や色、生態は、生き物たちが生きていくための創意が詰まった、とっておきのフォーム。その先にある良さを観察していただければ」と来場を呼び掛ける。

 開催時間は11時~21時(最終日は18時まで)。入場料は、大人(中学生以上)=800円、子ども(4歳~小学生)=600円、3歳以下無料。9月1日まで。

  • はてなブックマークに追加