見る・遊ぶ

大阪・茶屋町で「くっきー」さんプロデュースのお化け屋敷 「ライバルはマカオタワー」

会場に登場したくっきーさん

会場に登場したくっきーさん

  •  
  •  

 お笑いコンビ「野性爆弾」のくっきーさんがプロデュースするお化け屋敷「VRお化け屋敷 マンホール」が7月13日、毎日放送(MBS)本社1階「ちゃやまちプラザ」(大阪市北区茶屋町)で始まった。

インタビューに答えるくっきーさん

 ひらかたパーク(大阪府枚方市)などで開催し、毎年話題となっている毎日放送のお化け屋敷。8回目の今年は吉本興業と共同の開催で、くっきーさん完全プロデュースの下、VRの技術を活用したコンテンツを提供する。ホラーコンテンツを制作する闇(東京都目黒区)が協力し、「恐怖と混乱と笑い」をテーマにストーリーを展開する。

[広告]

 参加者は仕切られた半個室に1人ずつVRゴーグルとヘッドホンを着けて着席。最大で10人が同時に利用できる部屋を2つ用意する。席の前に設置されたマンホールや扉、左右の窓などを180度見渡しながら、臨場感のある仕掛けを楽しむことができる。所要時間は5分弱。ストーリー、キャスト、BGM、デザインなど、全てくっきーさんが手掛ける。

 グッズコーナーでは、ピザ箱に入ったTシャツ(3,800円)や「マ」の文字をかたどったスマホリング「マ」(1,300円)など、イベント限定グッズを販売する。

 関係者向けの体験会に登場したくっきーさんは「キャストが一番のこだわり。初めて話すような師匠もいた。怖いと面白いのバランスがちょうどいい。てんびんでいうとベタ止まりのグッドてんびん。ライバルはマカオタワー」と話し、10カ月の構想期間を振り返り「新しい単車を下ろしてやっとフルスロットルで走れるというような気持ち」と例えた。

 開催時間は14時~20時(土曜・日曜・祝日・8月5日~18日は11時~)。料金は1,200円。小学生未満入場不可。9月16日まで。

  • はてなブックマークに追加