食べる

北新地に高級焼き肉店「名門」 生食肉の加工室併設

1万5,000円のコース(2人前)

1万5,000円のコース(2人前)

  •  
  •  

 エイトJAPAN(大阪市浪速区)は7月10日、新鮮な生食肉を提供する焼き肉店「北新地 名門」(大阪市曽根崎新地1、TEL 06-4797-1328)をオープンする。

スタッフが目の前で焼き上げる「塊肉焼」

 店内は個室9室で合計56席。広さは約188平方メートル。新鮮な生食肉を提供できるよう、専用の加工室を併設した。メニューはコース料理が中心で料金は9,000円~1万5,000円。ブランド肉にこだわらず、赤身と刺しのバランスを見て料理人が仕入れるという。

[広告]

 メニューはシャトーブリアン、上ハラミ、上ロースの3種類から好みの肉を選び、スタッフが目の前で焼き上げる「塊肉焼」のほか、薄くスライスした牛肉に割り下を塗って、ムース上にした卵白につけてすき焼きのようにして食べる焼き物も提供する。

 刺し身用の肝は仕入れてすぐに氷水に浸して血を抜いて、少量の油と一緒に密封し、63度で45~50分ゆでる。岸敬之(たかゆき)料理長は「油と一緒にゆでることでうま味を閉じ込めつつ、低温調理法で生に近い食感を楽しんでいただける」と話す。

 営業時間は17時~23時。日曜定休。

  • はてなブックマークに追加