買う

阪急うめだ本店で「縁起もの」マルシェ 春財布や「干支ハンカチ」など

「すごろく」としても楽しめる「平成メモリアルハンカチーフ」

「すごろく」としても楽しめる「平成メモリアルハンカチーフ」

  •  
  •  

 阪急うめだ本店(大阪市北区角田町)各フロアで、新年に向けて縁起ものを集めた「ニッポン縁起ものマルシェ」が12月26日に始まった。

「春」と「張る」の語呂合わせで「春財布」を特集

 だるまや招き猫、干支(えと)や厄よけなどの縁起ものがそろう同企画。広報担当の中村延以子さんは「平成最後の年の瀬・新年に向けて、商品を厳選した」と話す。

[広告]

 1階のハンカチ売り場では、平成時代30年の干支を描き「すごろく」としても楽しめる「平成メモリアルハンカチーフ」(3色、1,080円)や、「厄除七色ハンカチ」(3,240円)を販売。7階の「日本の手仕事サロン」では所属する11店舗から選んだ食器やリビング用品を集めたコーナーを開設。中国で縁起が良いとされる「唐子人形」が乗った箸置きや、目を細めてユニークな表情をした七福神の置物のほか、漆塗りの食器セットなど。

 1階の財布売り場では、「春」と「張る」の語呂合わせで、お金が入ってきて縁起が良いとされる「春財布」として特集。同店では来年の財布のラッキーカラーをピンクベージュやブラウン、ベージュとして集めた。店員の湊恵利佳さんは「最近はファッションに合わせて財布を変える人も多い。新年に合わせて縁起のいい財布で活気づけてもらえたら」と話す。10階「うめだスーク」でも、スワロフスキーなどを使ってデコレーションした招き猫「ご縁猫」や洋風にアレンジしたしめ縄などクリエーターたちが作った作品を販売するコーナーを設ける。

 営業時間は10時~20時(金曜・土曜・1月3日は21時まで、12月31日は18時まで、1月2日は9時30分~21時)。1月1日は休館。1月8日まで。

  • はてなブックマークに追加