買う 暮らす・働く

梅田で「本当に住みやすい街大賞」発表会 関西2府1県の1位は「尼崎」

「ARUHI presents 本当に住みやすい街大賞2018 in関西」フォトセッションの様子

「ARUHI presents 本当に住みやすい街大賞2018 in関西」フォトセッションの様子

  •  

 グランフロント大阪のうめきたSHIPホール(大阪市北区大深町4)で7月10日、住宅ローン専門金融機関であるアルヒ(東京都港区)が関西2府1県から選んだ「本当に住みやすい街大賞2018 TOP10」を発表した。

「尼崎」が1位に選ばれ、驚くじゅんいちダビッドソンさん

 大阪府、京都府、兵庫県を対象に、実際にその地域で生活をするという視点で同社の利用者データを基に「住みやすい街」を選定する同賞。「住環境」「交通利便」「教育環境」「コストパフォーマンス」「発展性」の5つの基準から住宅専門家が総合的に評価する。

[広告]

 1位に選ばれたのは兵庫県の「尼崎」。総合評価4.1点(5点満点中)を獲得し、大阪駅まで新快速で5分というアクセスの良さや、駅に大規模な商業施設も併設されている利便性が評価のポイントとなった。2位には、オフィス立地の淀屋橋と商業立地の心斎橋の間にあり、発展性が高い点で評価を得た大阪府の「本町」が選ばれた。3位には京都府の「二条」がランクイン。大型スーパーマーケットのほか、駅前に大学キャンパスが並ぶなど生活環境の充実さが高評価につながったという。

 そのほか4位「学園都市」、5位「伊丹」、6位「桂川」、7位「元町」、8位「香里園」、9位「山田」、10位「緑橋」が選ばれた。

 同日の発表会には、特別ゲストとして京都府出身の安田美沙子さん、兵庫県出身のじゅんいちダビッドソンさんが登場した。尼崎市出身のじゅんいちダビッドソンさんは驚きの表情を見せながらも、「すがすがしい気持ち」と、サッカー日本代表の本田圭佑選手のモノマネをした最新ネタを挟んで会場を盛り上げた。