天気予報

25

15

みん経トピックス

大阪駅「ルクア」に春の新店梅田で真冬のチューリップ祭

梅田にフレンチの「串カツ」「立ち飲み」 2店同時オープン

梅田にフレンチの「串カツ」「立ち飲み」 2店同時オープン

「オマール海老 エストラゴンソース」

写真を拡大 地図を拡大

 梅田・芝田に2月6日、フレンチ串揚げ店「ベニエ」(大阪市北区芝田2、06-6292-2626)とカジュアルフレンチ店「プティ・コントワー」(同、06-6292-2636)が同時オープンした。運営はザ・ダイニング(北区)。

「ベニエ」のカウンターの様子

 ベニエは、具材をメレンゲ状の衣につけ、油で揚げるフランス料理の技法「ベニエ」を使った料理を提供。メニューは「お任せコース」(5,000円)のみで、アミューズ、オードブル、サラダなどの前菜に、「オマール海老」「生ハムを巻いた安納芋」「白子キャベツ包み」などの串10本、ショートパスタ、デザート、ハーブティーがセットになる。席数は、カウンター14席、個室10席。客単価は7,000円~8,000円。

 プティ・コントワーは、お初天神と東京・表参道に2店舗を構えるフレンチバール「ル・コントワ」の姉妹店。立ち飲み形式がメインで、カウンター席10席のほか、約20人が利用可能な立ち飲みテーブル5卓を設ける。メニューはフランスの総菜をテーマに、「フォアグラのタルティーヌ」(900円)、「ビーツとツナのサラダ」(400円)など、500円前後の小皿料理を約30種類用意。グラスワインは1杯300円から提供。ターゲットは女性で、客単価は2,500円。

 2店舗同時オープンについて、取締役の小田桐健太郎さんは「梅田は人口が多いが、路面店が少ないと感じた。この2店舗を中心に『ウメシバ(梅田芝田)』エリアを盛り上げていきたい」と話す。

 営業時間は、ベニエ=17時~23時、プティ・コントワー=16時~翌2時。

グローバルフォトニュース