食べる 見る・遊ぶ

京阪・中之島駅3番線が「酒場」に 車両・構内で食イベント初開催

「中之島駅ホーム酒場」の車内イメージ

「中之島駅ホーム酒場」の車内イメージ

  •  
  •  

 京阪電鉄・中之島駅で6月22日~25日、3番線に停車した実際の車両とホームを会場に、飲み食いを楽しむイベント「中之島駅ホーム酒場」が初開催される。主催は、京阪ホールディングスと京阪電気鉄道。

中之島駅ホームがレトロな酒場に(イメージ)

 中之島エリアの活性化や魅力発信を目的に開催する同イベント。「ノスタルジー」をテーマに、駅のホームと車両に立ち飲み席やテーブル席、ちゃぶ台、いろり席、野だて席などを並べ、レトロ感のある酒場に模様替えする。席数は立ち飲みも含め100~200席を想定。車両は通常、営業運転している2200系で、全7両のうち6両程度を客席、残りを備品置き場にする。

[広告]

 ドリンクは、生ビールや日本酒、ソフトドリンクなど。フードは、大津線「おでんde電車」のおでんや、全国の珍しいカップラーメン、天むすエビ、ハワイアンラフテー、駄菓子、スイーツなどを販売する。

 出店者は、「サントリー酒類」「中畝酒店」「インスタントラーメン専門店 やかん亭さくら総本店」「天むす・すえひろ」「Hawaiian BBQ BAR Maoli」「京阪電気鉄道 大津営業部」「京阪レストラン」「ショウタイムスイーツ」「駄菓子バー」。ホームや車内には、フリーペーパー「月刊島民」の協力の下、中之島の歴史や文化を伝える写真も展示する。

 京阪電気鉄道の担当者は「イベントを通じ、中之島が京阪電鉄の沿線ということを知ってもらうとともに、エリア全体を盛り上げていきたい」と話す。

 受付は同駅改札外の特設ゲートに用意する。1、2番線ホームからの直接入場は不可。開催時間は17時~21時30分(25日は14時~)。入場料は飲食チケット1,000円分で、乗車券や駅の入場券は不要。混雑状況により入場制限を掛ける。

  • はてなブックマークに追加