大画面で阪神戦を観戦-阪神百貨店屋上「ビヤガーデン」開店

昨年の様子。ユニフォームや法被姿で応援する人も。

昨年の様子。ユニフォームや法被姿で応援する人も。

  •  
  •  

 阪神百貨店(大阪市北区梅田、TEL 06-6345-1201)で4月25日から、「屋上ビヤガーデン・阪神のスカイバイキング」の営業が始まる。

 同「ビヤガーデン」には、130インチの大画面モニターを設置。サンテレビジョンの協力で、阪神戦を放映する(サンテレビ放映のない日はCS放送、一部放映できない試合あり)。同店は、1958年のオープン以来半世紀にわたり営業を続けている。席数は650席。

[広告]

 料金は、大人=3,500円、中学生=2,000円、3歳~小学生=1,000円。ビール、チューハイ、ソフトドリンクなど15種のドリンクと、名物の「鉄板焼」、唐揚げ、串かつなど約35種の料理を用意する。昨年までの主な利用客は「20代~50代の男性」(担当者)。

 営業開始から3日間は、通常3,500円の大人料金が2,500円になるほか、5月2日~6日に初めて「レディスウィーク」を設け、女性に限り2,400円で優待する。そのほか、レディスデーやシニアデー、母の日、父の日などの特典もある。同店ホームページでは、4月と5月、女性のみ利用可能な500円割引チケットも掲載しているほか、予約席の空き状況とタイガースの試合予定も確認できる。

 営業時間は17時30分~21時(ラストオーダー20時40分)。雨天休み。9月中旬まで。

阪神百貨店阪神百貨店で「まるごと猫フェス」-人気猫「まこちゃん」写真展も(梅田経済新聞)

  • はてなブックマークに追加