食べる 買う

梅田 蔦屋書店にカフェ・カンパニーの新業態 アイデアづくりに最適な空間に

「ル・ガラージュ」の店舗イメージ

「ル・ガラージュ」の店舗イメージ

  • 0

  •  

 商業施設「ルクア イーレ」(大阪市北区梅田3)9階に5月8日開店する「梅田 蔦屋書店」内に、カフェ・カンパニー(東京都渋谷区)の新業態「LE GARAGE(ル・ガラージュ)」が入ることが分かった。同社が大型書店内に出店するのは初めて。

フードはスープパスタやグラタンなど。ワインも提供

 同社の主力は東京を中心に20店を展開するカフェ「WIRED CAFE」で、大阪でも梅田NUchayamachi店とルクア大阪店を営業。新業態では、つながりや出会いをテーマにする同社従来の路線を踏襲しつつ、既存業態よりもターゲットの年齢層を上げ、打ち合わせやノマドにも使える大人な雰囲気を打ち出す。

[広告]

 広さ1000坪の梅田 蔦屋書店は、売り場内に共用の400席を設ける予定。購入したフード・ドリンクはどの席でも飲食可能なため、コーヒーやワインを片手に本や雑誌を読めるほか、ミーティングなどのビジネス用途にも使用できる。ル・ガラージュではこうした環境を生かし、アイデアや創造性を引き出すのに最適な空間を提供する方針。クリエーターによるイベントも定期的に開催する。

 同店一押しのメニューは「具沢山スープパスタ」(630円~)。トマトなどを練り込んだ自家製生パスタ5種類を用意する。ドリンクは、生産地まで足を運んで厳選した「こだわり」のコーヒー(380円)のほか、ソフトドリンク各種(480円~)、ワイン(グラス=500円~、ボトル=3,000円~)などを提供する。

 なお、同店から少し離れて、同じフロア内にスターバックス コーヒーも出店予定。