食べる 買う

阪急百貨店で「ニューヨークフェア」-NYの人気トラックスイーツも

「ジュニアーズ」のチーズケーキ

「ジュニアーズ」のチーズケーキ

  • 0

  •  

 阪急百貨店うめだ本店(大阪市北区角田町、TEL 06-6361-1381)10階催場で5月18日、ニューヨークトレンドを紹介する「ニューヨークフェア2011」が始まった。

ナンバーワンベンダーに選ばれた「ハローベルリン」のホットドッグ

 大阪ステーションシティの開業で多くの人が集まる梅田エリア。「新たなお客さまも多く、『ファッションの阪急』をしっかり打ち出したいと、ニューヨークを特集するフェアを企画した」(宣伝広報部の米田進悟さん)。同店でニューヨークフェアを開催するのは初めてで、「OLD & NEW」をテーマに展開する。「ニューヨークは世界の情報発信地。阪急うめだ本店が大阪の情報発信地として、ニューヨークのエネルギッシュな部分を発信できれば」。

[広告]

 会場には、日本初登場7店舗を含む40店舗が出店。ストリートフードでは、2005年にナンバーワンベンダー(屋台)に選ばれた「ハローベルリン」のホットドッグ(651円)や、地元誌でも大きく取り上げられる「ルークス・ロブスター」のロブスター・ロール(ハーフポーション=1,401円)、マンハッタンに300店舗以上あるといわれるベーグルショップの中でも連日行列ができる「エッサ・ベーグル」のベーグルサンド(サーモンとクリームチーズ=481円、ベーグル各種=301円)などの人気店を集める。

 スイーツでは、出店場所をツイッターで発信する移動トラックスイーツ「デザートトラック」が出店。高級フランス料理店のペストリー副料理長を務めたシェフが本格スイーツをトラックで販売する同店は雑誌「ニューヨーク・マガジン」でベスト・デザートも受賞した。「ワーム チョコレート ブレッド プディング」(680円)やマカロン(各230円)などを販売する。「ジュニアーズ」のチーズケーキ(直径約15センチ=1,890円)には朝から長蛇の列ができた。会場内にはイートスタンドやイートインも設ける。

 通常のフェアでは食品が大半を占めるが、同フェアではアクセサリーやビンテージウエア、コスメ、生活雑貨などを会場の約半分の空間を使って展開。ニューヨークで年3回開催され、世界中のバイヤーが訪れるアクセサリーの展示会「アクセサリーサーキット」では新進気鋭のデザイナー15ブランドの商品を買い付け販売。「アガット」がセレクトした注目のブランドも登場する。ロイヤルファミリーやファーストレディーを顧客に持つ「ケネス ジェイ レーン」や、コスチュームジュエリーの第一人者「ミリアム ハスケル」など、新人から巨匠まで幅広いブランドをそろえた。ニューヨーク発のウオッチ「タイム ウィル テル」(全24色、1万500円)は、日本での本格販売は初めてだったが、開店と同時に行列ができ初日に完売した。現在は注文のみ受け付けている。

 コスメでは、ニューヨークで最も古いといわれる薬局「シーオー・ビゲロウ」が初登場。「レモン ハンドトリートメント」(1,050円)や「レモン リップクリーム」(840円)などの基礎化粧品やボディーケア用品、リップグロスなどを販売する。雑貨ではファイヤーキングのミルクガラスや食器類、ウエットスーツの素材を使ったバッグ、ブルックリン在住の日本人が手掛けるクッションなどを並べる。

 営業時間は、日曜~火曜=10時~20時、水曜~土曜=10時~21時(最終日は18時まで)。今月24日まで。

  • はてなブックマークに追加