阪急トップビアガーデンが営業開始-W杯で各国の代表料理一堂に

目の前にはHEP FIVEの観覧車が見える「阪急トップビアガーデン」

目の前にはHEP FIVEの観覧車が見える「阪急トップビアガーデン」

  •  
  •  

 大阪新阪急ホテル(大阪市北区芝田)直営の屋上ビアガーデン「阪急トップビアガーデン」(阪急ターミナルビル屋上、TEL 06-6375-1780)が4月30日、オープンする。

今年の目玉料理、約100人分のシュラスコ

 昨年は「オバマ大統領」をテーマに、スープの色がチェンジする「オバマヌードル」や、見た目はマーボー豆腐だが食べると味がチェンジする「オバマーボー」などで話題を集め、7万人の入場、2億2千万円を売り上げた。今年は南アフリカで開催される「FIFAワールドカップ」にかけ、「BIBA(Beer & International Buffet Association)ワールドジョッキ2010」と命名し、世界各国の代表料理を提供する。

[広告]

 今年の目玉料理はブラジル代表のシュラスコ。ブラジルでは専門店もある最も有名な料理で、最大5キロ(約100人分)の生肉に金串を刺し、直火で焼いて目の前で切り分け提供する。メキシコからはスパイシータコス。トルティーヤ生地に野菜とピリ辛トマトソースを包み、シェフが1人前ずつ提供する。屋台コーナーでは、目の前の網で焼きピリ辛だれで提供する「韓国風焼肉」も。ほかにもイングランド代表のローストビーフ、アメリカ代表のジャンボジャンバラヤ、デンマーク代表のデンマーク風オープンサンドなど、16カ国36種の料理とドリンク30種を時間無制限、「飲み食べ放題」で提供する。

 デザートには、イングランドの「ジャンボプディング 炎のフランベ」が登場。オレンジやクランベリーを入れ焼いたパンプディングをブランデーでフランベするパフォーマンスも。パリブレストやロールケーキ、フルーツ類も用意する。

 今月30日~5月5日はランチタイム営業(12時~14時30分、大人=1,800円、4歳~小学生=1,000円、料理=15種、ドリンク=30種)も。8月7日には「なにわ淀川花火大会ビアガーデン観覧スペシャルシート」を用意するほか、期間中さまざまなイベントを予定する。

 営業時間は17時30分~21時(土曜・日曜・祝日=17時~、5月中は20時30分まで)。料金は、大人=3,600円、4歳~小学生=2,000円。9月18日まで。

  • はてなブックマークに追加