限定モデル求め長蛇の列-梅田で「ガンプラEXPO」始まる

開場15分後には目当てのガンプラを買い求める来店客でレジ前に列ができた

開場15分後には目当てのガンプラを買い求める来店客でレジ前に列ができた

  • 0

  •  

 阪神百貨店(大阪市北区梅田1、TEL 06-6345-1201)8階催場で12月19日、関西初となる「ガンプラEXPO in 大阪」が始まった。開店前にはイベント限定モデルを求める約170人が列を作った。

開場前には長蛇の列ができた(関連画像)

 ガンプラを集めた「ガンプラEXPO」は東京、静岡、名古屋、広島に続き5回目の開催。会場は4つのゾーンで構成し、入口近くの「ファクトリーゾーン」では、ガンプラの生産工程を紹介するパネルやバンダイホビーセンターの模型、制服などを紹介。「ヒストリーゾーン」では、1979年放映の「機動戦士ガンダム」から最新作の「機動戦士ガンダムUC」まで、各作品のガンプラを展示し歴史を楽しめる内容になっている。

[広告]

 「ジオラマゾーン」では、作中の名場面を再現したジオラマ3点を展示。「スペシャルショップゾーン」では、ガンプラEXPO限定商品12体を含む数々の商品を販売する。「1/144 HGガンダムVer.G30th クリアカラーVer.」(1,200円)、「1/144 HGストライクフリーダムガンダム クリアカラーVer.」(1,600円)の2体は同会場が初登場となる。

 開店前の列の先頭で「深夜0時30分から並んだ」という神戸在住の41歳男性は、「限定品の購入とイベント会場の見学に来た」といい、大阪府内在住、30代後半の男性は「始発で来た。東京などこれまでのガンプラEXPOは行ったので、今日は新作の2体を買いに来た」と話していた。

 開催時間は10時~20時(最終日は17時まで)。商品は数量限定。入場無料。今月25日まで。

  • はてなブックマークに追加