3密を避けて新しい生活様式へ!

梅田楽天地ビルに蒸しパン専門店-スイーツ系・総菜系16種そろえる

梅田楽天地ビル1階にオープンした「ミスタームシパン梅田楽天地ビル店」

梅田楽天地ビル1階にオープンした「ミスタームシパン梅田楽天地ビル店」

  • 0

  •  

 オーエス(大阪市北区)が美装化工事を進めている商業ビル「梅田楽天地ビル」(角田町)1階に9月18日、蒸しパン専門店「Mr.Musipan(ミスタームシパン)梅田楽天地ビル店」(TEL 06-6314-6489)がオープンした。

商品は他店と異なりショーケースで販売

 「ミスタームシパン」は大阪市阿倍野区に本店を構える蒸しパン専門店。2005年に創業し、2008年には阪神百貨店の催事に出店。1時間30分待ちの行列ができるほどの人気ぶりで、その年に飲食コンサルティング会社と出会い、今年1月から全国展開を開始。5月に名古屋にFC1号店が出店し、梅田楽天地ビル店は29店舗目の出店となる。住宅地や郊外の出店が多い中、繁華街での出店は梅田が初となる。

[広告]

 同店の蒸しパンの生地は、小さな子どもやアレルギーが気になる人も安心して食べられるよう、卵、牛乳、バターを使わない。小麦粉本来の素材を生かし、「しっとりもちもち」の食感に仕上げた。既存店舗では、フランス産クリームチーズで作ったブルーベリークリームチーズが入った蒸しパンに、クランベリーとレーズンをトッピングした「ブルーベリーチーズ」(200円)、ビターチョコを入れた蒸しパンにスペイン産オレンジのシロップ煮をトッピングした「オレンジチョコ」(160円)が女性に人気だといい、男性にはスパイシーなカレーが入った「カレークック」(180円)や、甘辛く炊き上げたゴボウ、牛肉、コンニャクに七味トウガラシ、ノリ、マヨネーズでアクセントをつけた「きんぴらごぼう」(160円)など総菜系の人気が高いという。スイーツ系、総菜系合わせて16種類を用意し、セット商品も販売する。今後は季節商品なども導入する予定だという。

 直営事業として運営するオーエス企画室担当者は「『幅広い年代のお客さまに楽しんでいただける魅力的な施設』というビルのコンセプトにマッチした店を開業することと、日常で手に入れられる『少しいいモノ』を梅田で多くのお客さまに提供したいという思いで出店した」と話す。1日1,000個の販売を目標に据える。

 営業時間は11時~20時。テークアウトのみ。現在オープン記念として、チラシを持参のうえ蒸しパン3個以上を購入した客に「ミスタームシパン」1個を進呈するキャンペーンを行っている。

  • はてなブックマークに追加
Stay at Home