食べる

ホテルグランヴィア大阪で初のストロベリービュッフェ 夜開催、仕事帰りにも

優勝作品をアレンジした一皿を持つパティシエの市原健太郎さん

優勝作品をアレンジした一皿を持つパティシエの市原健太郎さん

  •  
  •  

 ホテルグランヴィア大阪(大阪市北区梅田3)19階ラウンジ「リバーヘッド」で1月10日、「ストロベリー&スイーツ ナイトブッフェ」が始まる。

ビュッフェ会場の様子

 同ホテルでストロベリービュッフェを開催するのは今回が初。昼~夕方にかけて実施するホテルが多い中、JR大阪駅直結という立地を考慮し、仕事帰りの方などにも来てもらえるようにと18時~20時30分のディナータイムに展開する。

[広告]

 イチゴのスイーツは全33種類を用意。目玉となるのは、「グラス(氷菓)を使ったアシエットデセール・コンテスト」の優勝作品をアレンジした一皿で、パティシエが客の目の前で仕上げる。パティシエの市原健太郎さんは「コンクール作品は作るのに時間が掛かるので、ビュフェ形式で提供するのは大変。見た目や味のクオリティーを下げずに作る点に苦労した」と言い、「お客さまにはいろいろな種類のスイーツを楽しんでもらうため、あえて一つ一つを小さめにしている。糖度も抑えて、酸味を多めにしている」と話す。ホテルラウンジで人気の「至福のショートケーキ」、72時間かけて作る「グランヴィア・ショコラ」も登場する。

 そのほか食事も楽しめるようにと、スイーツのほかにトリュフが香るコロッケやムール貝、ピザ、パスタなど17種類のセイボリーも用意する。

 開催時間は金曜・土曜・日曜の18時~20時30分。料金は1人=4,900円。3月29日まで。

  • はてなブックマークに追加