食べる

大阪・北新地の「カニジェンヌ」、ランチに期間限定「エビジェンヌ」 食べ比べも

メインとなるエビフライ

メインとなるエビフライ

  •  
  •  

 大阪・北新地のカニ料理専門店「カニジェンヌ」(大阪市北区堂島浜1)が4月1日、店内に期間限定のエビ料理店「エビジェンヌ北新地」(TEL 06-6341-3077)を開いた。運営はクラウド(中央区東心斎橋1)。

巨大なオマールエビ

 昨年11月にオープンした「クラブ カニジェンヌ北新地」のスピンアウト店として今秋ごろまでランチ限定で営業。同社社長の寺田幸宏さんは「カニは冬のイメージが強いので、ランチタイムに変化を持たせようと思い考案した」と話す。

[広告]

 メニューは「活(い)けオマール海老(えび)入り 3種のエビフライ食べ比べコース」(5,664円)のみ。コース内容は、エビをのせたサラダ、オマールエビの頭を入れたブイヤベース、魚介を使ったグラタンコロッケバーガー、車エビ・足赤エビ・オマールエビのエビフライ、オマールエビのダシを抽出したカレー、デザートの6品。生きたエビを客の目の前でさばいて提供する。

 メインとなるエビフライはあっさりとした味が特徴の足赤エビ、コクのある味が特徴の車エビ、さばく前は全長30センチの大きなオマールエビが順に登場し、食べ比べが可能。エビのすり身を入れた「エビ塩」、自家製ソース、タルタルソース、レモンを用意する。

 寺田さんは「『エビばかり食べたい』人にはたまらない店。大阪で一番のエビフライを提供できる店になれたら」と意気込む。

 営業時間は11時~14時。

  • はてなブックマークに追加