食べる

阪急梅田駅改札内にレトルトカレー専門店-350種、イートインも

レトルトカレー専門店「梅田カレーコレクション」店舗外観

レトルトカレー専門店「梅田カレーコレクション」店舗外観

  • 0

  •  

 阪急リテールズ(大阪市北区)は4月24日、レトルトカレー専門店「梅田カレーコレクション」(TEL 06-6375-1989)を阪急梅田駅2階中央改札内に期間限定オープンした。

関西・東海地区のカレー

 京都線側にオープンした同店の店舗面積は67.36平方メートル。店内にはご当地カレーや有名店のカレーなど約350種類を並べる。商品はエリアごとに陳列し、北海道ではホタテ、エビ、イカなど魚介を使ったもの、東北では比内地鶏、関東では「海軍カレー」、大阪では「通天閣カレー」や「自由軒」など、それぞれ地域の特産品を使った商品や有名店のカレーをそろえる。

[広告]

 店内で一番高級なカレーは「千屋牛 炭火あぶり牛カレー」で、1人前1,250円。岡山・新見産の黒毛和牛ステーキ部位80グラムが入っている。国産カレー以外にも、タイやインドなどから輸入した商品や、カレー用弁当箱など雑貨も販売する。

 現在は「阪急阪神東宝グループカレー」フェアを開催中で、阪急系列の百貨店やスーパーなどでしか販売していないにもかかわらず、1年で10万食を販売した「阪急百貨店 大食堂の名物カレー」(200グラム=498円)や、「甲子園球場特製 甲子園カレー」(2食入り=525円)、「宝塚ホテル 低カロリー野菜カレー」(170グラム=525円)などを特集する。次回は「ご当地ブランド和牛フェア」を予定。

 店内には12席のイートインコーナーも設け、日替わりカレー(500円)を提供。物販コーナーで購入したカレーも商品代に300円加算で、ライス250グラム、福神漬け、ミネラルウォーター付きで、店内で食べることができる(一部持ち帰りのみの商品もあり)。とんかつ(210円)、チキンカツ(120円)などトッピングも5種類用意。サラダやデザート、缶ビール(280円)、ノンアルコールビール(160円)も用意する。

 阪急電鉄流通統括部の堀内英明さんは「利便性にこだわりをプラスした駅ナカの非日常を提供できれば。これを目当てに遠方からもお越しいただきたい」と話す。

 営業時間は10時~22時。今月26日まではオープン記念で、イートインコーナーでの代金を50円引きで提供する。

  • はてなブックマークに追加
Stay at Home