映像と写真で見る「ベスト・オブ・世界遺産」展-大丸梅田店で開催

知床は、陸上の生態系と流氷の影響を受けた海洋生態系からなる独特の生態系が評価され、2005年に自然遺産に登録された。

知床は、陸上の生態系と流氷の影響を受けた海洋生態系からなる独特の生態系が評価され、2005年に自然遺産に登録された。

  • 0

  •  

 大丸梅田店15階大丸ミュージアム(大阪市北区梅田3、TEL 06-6343-1231)で1月2日から、「TBS・MBS系『世界遺産』オフィシャルイベント『ベスト・オブ・世界遺産』展 映像と写真で体感!地球の記憶」が開催される。

 同展は番組の視点に立ったもので、1996年4月から始まったテレビ番組「世界遺産」のオフィシャルイベント。「中国」「エジプト」「イタリア」「日本」「海」と、特に人気の高い世界遺産を選んだ「ベスト・オブ・世界遺産」の6つのテーマで構成され、野町和嘉さん、三好和義さん、中村征夫さんらをはじめとする著名な写真家が撮影した100余点の写真と、同展のために特別編集されたハイビジョンのオリジナル映像で「世界遺産」を紹介する。またミュージアムショップでは、同展オリジナル図録(2,100円)やDVD、携帯ストラップなどを販売する。

[広告]

 世界遺産条約は、1972年のユネスコ総会で採択された国際条約。「文化遺産」「自然遺産」、自然と文化の両方を兼ね備えた「複合遺産」に分類され、現在851件が登録されている。日本では、2007年に登録された「石見銀山遺跡とその文化的景観」を含め14件が登録されている。

 入場時間は、10時~19時30分(閉場20時)、2日は9時30分~、3日~6日は20時30分まで(閉場21時)、最終日は16時30分まで。入場料は、一般=800円、大高生=600円、中学生以下無料。1月20日まで。

チベット族の政治と宗教の中心地だったラサにそびえる宮殿(関連画像)大丸梅田店大丸ミュージアム

  • はてなブックマークに追加