学ぶ・知る

子どもの笑顔で復興支援-大阪の起業家らがホームページ開設

「がんばろう、にっぽん。PRAY&SMILE FOR JAPAN」トップページ

「がんばろう、にっぽん。PRAY&SMILE FOR JAPAN」トップページ

  •  
  •  

 大阪の中小ベンチャーを中心とした勉強会「WS×2(ウズウズ)」の有志が3月16日、子どもの笑顔を集めるホームページ「がんばろう、にっぽん。PRAY&SMILE FOR JAPAN」を開設した。

 「東日本大震災で被害を受けなかった関西で祈ること、義援金での貢献以外に何ができるのか」と考えた同会代表のベビログ(大阪市北区天満橋)板羽宣人社長。「『日本人が一丸となって復興に向け立ち上がる』という気力が沸くサービスを作ろう」と結論を出した。

[広告]

 同社では子どもの成長記録に特化したブログサービス「ベビログ」を運営しており、「日頃から子どもの笑顔に皆さんがパワーをもらっている、子どもの笑顔のために頑張ろうとしているのを見ていた」ことから、「子どもの笑顔」をテーマに決定。同会メンバーのプログラマー、デザイナーとともに、翌日にはサイトをオープンした。

 サイト上では笑顔の画像とともにメッセージも投稿でき、現在では約280枚の画像を掲載。画像の中には被災地や海外から投稿されたものも見られる。

 板羽さんは「子どもの笑顔ほど力を与えてくれるものはない。私たちは子どもたちの未来のために、この困難を乗り越えて復興しなければいけない。日本の明るい未来のために、日本人として誇りを持ち、共に頑張っていきましょう」と呼びかける。

  • はてなブックマークに追加