天気予報

12

9

みん経トピックス

梅田のホテル×武庫女大生大阪駅2階広場の階段撤去

阪急・うめだで「文具の博覧会」「色」テーマに豊富な試し書きコーナー用意

阪急・うめだで「文具の博覧会」「色」テーマに豊富な試し書きコーナー用意

豊富な試し書きコーナーで筆記具の違いを実際に体感

写真を拡大 地図を拡大

 阪急うめだ本店(大阪市北区角田町、TEL 06-6361-1381)9階で3月15日、「阪急文具の博覧会2017春」が始まった。

決められた配色で塗り絵を楽しむコーナー

 「日本の文具のこだわり」に着目し、2014年から毎年春と秋に開催している同展。7回目となる今回は、「色で気分を変える」をテーマに、ボールペンや色鉛筆、万年筆などの筆記具に焦点を当て、1000種類以上の筆記具を展示する。企画担当者の駒村珠代さんは「年間で最も筆記具が売れる季節ということもあり、力が入る」と話す。

 目玉コーナーは、赤・オレンジ・黄色・緑・青・紫の6色に分けて、色味や書き心地が変わる筆記具の違いを実際に体感できるコーナー。赤なら「ハート」、黄色なら「星」などのお題に合わせて試し書きするコーナーや、決められた配色で塗り絵するコーナーなどを用意する。1本でクレヨン、色鉛筆、水彩色鉛筆の3種類が楽しめる多機能鉛筆「水溶性マルチペン色鉛筆スタビロ woody」(18色=6,480円)を紹介するコーナーでは、試し書きができるアクリルボードを用意する。

 ボールペン、カラーペンなど種類別に筆記具を紹介するコーナーは、さまざまな種類のペンがズラリと並ぶ。値札の中には「速乾!つるつるした紙に」「太書きはペン先がしなる!」などのペンの特徴が一目で分かる説明文が入った物もある。

 このほか、約200色の万年筆インクを一堂に集めた毎回好評のコーナーや、ボールペンの名入れサービスなども用意する。絵の具を使ってオリジナルのレターセットを作るワークショップ、カリグラフィー体験など、筆記具を使った18種類のワークショップも予定している。

 駒村さんは「黒や青などの基本的な色だけでなく、今回の博覧会を機にお気に入りのペンを見つけてほしい。これだけの種類のペンを試し書きできる機会はなかなか無いので、手書きの楽しさも同時に知ってもらえたら」と話す。

 開催時間は10時~20時(金曜・土曜は21時まで、最終日は18時まで)。今月27日まで。

グローバルフォトニュース